入れ歯について|西神中央での虫歯・歯周病など歯科治療全般はお任せください

神戸市西区・西神中央の歯医者 西神中央ファミリー歯科

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00
[休診日]日曜/祝日 ※土曜日は17:00まで
[所在地]かりばプラザの東横 ※駐車場完備

0789904618

採用情報

お知らせ

入れ歯について

お知らせ 2018年07月25日

入れ歯には、大きく分けて2つあります。
1つ目は、部分入れ歯です。ご自身の歯が部分的に残っている場合に装着する入れ歯のこと。
2つ目は、総入れ歯です。歯が全くなくなった場合に装着する入れ歯のこと。
入れ歯を使わずに歯がない状態を放置していくと、
① 咀嚼機能が低下する・発音がうまくできない
② 唇・頬を支えている歯がないと、口元や頬が落ち込んで顔が老けて見える
③ 歯がないまま放置すると、残存歯が移動し歯並びが悪くなる
④ 奥歯がないと顎関節に負担が大きくなり、顎関節症の原因になる
このように機能や残存歯・顎関節にも悪い影響を与えます。
また、合わなくなった入れ歯を使い続けるのは、粘膜や骨・関節・筋肉に悪影響を与えます。
入れ歯も歯と同じように、定期的に検査、診てもらうことをお勧めします。
入れ歯の清掃方法ですが、歯にプラーク(細菌)が付着し、時間がたつと歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
特に、入れ歯も歯と歯と間や金具の内側には汚れがたまりやすいです。
① 食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く
② 就寝前は洗浄剤を使った水につけておく
入れ歯を磨く際は、磨き残しがないよう丁寧にお手入れし清潔にするよう心がけましょう。

ページトップへ戻る