歯石取りについて|西神中央での虫歯・歯周病など歯科治療全般はお任せください

神戸市西区・西神中央の歯医者 西神中央ファミリー歯科

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00
[休診日]日曜/祝日 ※土曜日は17:00まで
[所在地]かりばプラザの東横 ※駐車場完備

0789904618

採用情報

医院ブログ

歯石取りについて

医院ブログ 2019年03月04日

歯周病(歯槽膿漏)でお悩みの方はたくさんおられると思います。
歯周病の主な原因は“歯石”です。この歯石は二種類に分類され、取り方にも二種類の掃除方法があることはご存じでしょうか?
一種類目の歯石は、歯ぐきの上に付いている肉眼で見えるもので歯肉縁上歯石と呼ばれます。歯石の色は唾液で固まることにより黄色いことが特徴です。スケーリングというお掃除の名称で、主に超音波スケーラーという機械で歯石を取ってまいります。皆さんが歯石取りでイメージされるものだと思います。超音波の振動が苦手な方や歯がしみる方は、他の器具を使用することも可能です。
二種類目の歯石は、歯ぐきの中にある歯石です。歯ぐきの中の歯石は歯肉縁下歯石と呼ばれ、血液で固まることにより黒い色をしている事が特徴で、歯肉縁上歯石に比べ硬く付着しています。SRP(スケーリングルートプレーニング)というお掃除の名称で、鋭い刃の器具を使い、歯ぐきの中にある歯石をお取りします。歯ぐきの中にある歯石=隠れている歯石で、見えない所を触ってまいりますのでテクニックが必要になります。痛そうというイメージがあるかもしれませんが、丁寧に気をつけて行いますのでご安心ください。
これらの二種類の歯石を一段階目の歯のお掃除、二段階目の歯のお掃除として、段階に分けて歯石取りをしてまいります。一段階目のお掃除をして、歯ぐきの中の歯石がまだある場合、完全に歯周病を治す事はできません。
歯石取りをしたが、出血する、口臭がある、歯が浮いた感じがするなど症状が改善しない場合、まだお掃除が必要かもしれません。中々歯周病が改善しないとお悩みの方は是非当院にご相談下さい。

ページトップへ戻る