入れ歯・義歯|西神中央での虫歯・歯周病など歯科治療全般はお任せください

神戸市西区・西神中央の歯医者 西神中央ファミリー歯科

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00
[休診日]日曜/祝日 ※土曜日は17:00まで
[所在地]かりばプラザの東横 ※駐車場完備

0789904618

採用情報

入れ歯・義歯

しっかり噛んで笑える入れ歯

毎日の食事もおいしく、快適に味わい深いものにしたいものです。でも、入れ歯(義歯)は単にものを食べるだけの道具ではありません。自然な口元をつくり、お話しするにも入れ歯(義歯)は大切です。入れ歯(義歯)を意識せずに食事や会話ができれば気持ちも明るく自信も生まれてきます。
当院では、患者さまにきちんと適合した入れ歯を提供することによって、見た目が若々しくきれいな口元になるのはもちろん、入れ歯(義歯)を気にせずおしゃべりやお食事を楽しんで頂き、快適で充実した生活を送って頂きたいと考えています。

しっかり噛んで笑える入れ歯

入れ歯の種類

[良い入れ歯にするメリット]

  • 精度が良い為、痛みが殆ど無い。
  • 適合が良く、しかも薄いので、違和感が少ない。
  • 安定しているので、動いたり、外れたりしにくい。
  • 薄いので、話がしやすい。
  • 強度が高いので、壊れにくい。
  • 適合が良いので、作り直しの必要が少なく、長く使える。
  • バネなどが目立ちにくいので、見た目が良い。
  • 入れてからの調整が少なくてすむ。
  • 部分入れ歯

    部分入れ歯

    歯を失った部分に装着する入れ歯です。 取り外し式であり、残っている歯にバネをかけて固定します。 そのため、残っている歯の保全や入れ歯のメインテナンスをこまめにする必要があります。 人工歯なので初めのうちは多少違和感を覚えるかもしれません。

    総入れ歯

    総入れ歯

    すべての歯を失った場合に使用する取り外し式の入れ歯です。 特に総入れ歯は、違和感がある、喋りにくくなるなどのイメージをお持ちの方も多いようです。 しかし現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、違和感がほとんどなく、喋りにくくなることもありません。口内を清潔に保つためには、部分入れ歯同様、メインテナンスが欠かせません。

    素材の種類

    義歯に使用される素材にはさまざまなものがあり、保険が適用する素材なのか適用外の素材なのかで 費用が大きく変わります。また、使用感なども異なってきます。当院では様々な義歯の提案を行い、患者様に選んでいただいております。

    レジン床義歯 (保険適用)

    レジン床義歯 (保険適用)

    歯肉にあたる部分がプラスチックでできた義歯です。
    プラスチック素材なので強度はあまり高くはありませんが、咬み合わせなどの修正が容易にできます。

    金属床義歯 (保険適用外)

    金属床義歯 (保険適用外)

    歯肉にあたる部分が金属でできた義歯です。
    プラスチック素材よりも薄く精巧に作ることができるため、 装着時の違和感がありません。また、熱が伝わりやすいので食べものをおいしく食べることができます。 金属床義歯に使用される金属には、軽くて丈夫で、耐久性にも優れているチタンなどがあります。

    ノンクラスプデンチャー (保険適用外)

    ノンクラスプデンチャー (保険適用外)

    クラスプを使用しない義歯です。
    半透明な歯肉の色調と同化しているナイロン樹脂が使用されており、高い審美性を得ることができます。また、金属アレルギーの心配がありません。ゴム状の素材のため軽くて弾力があり、破折に強いのが特徴です。

    ページトップへ戻る