その他治療|西神中央での虫歯・歯周病など歯科治療全般はお任せください

神戸市西区・西神中央の歯医者 西神中央ファミリー歯科

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00
[休診日]日曜/祝日 ※土曜日は17:00まで
[所在地]かりばプラザの東横 ※駐車場完備

0789904618

採用情報

その他治療

いびき治療

いびき治療

いびきは他人に迷惑をかける悪者のように言われています。いびきをかいていると一見熟睡しているように見えますが、呼吸が抑制されて眠りが浅く、ほとんど睡眠不足となっています。
さらに呼吸が止まっているということであれば、猛烈ないびきやただのいびきでなく、睡眠時無呼吸症候群と考えられます。
無呼吸状態は、体内の酸素不足を招き、循環器系や呼吸器系に影響を与え、やがて身体のさまざまな障害(高血圧・不整脈・心不全・突然死)が出てくると考えられます。

いびき&無呼吸症候群用マウスピース『スリープスプリント』
寝るときに下の顎を少し前方に突き出させるように工夫されたマウスピースです。この装置を入れることによって、気道が開き、空気の通りがよくなるので、いびきや無呼吸が止まります。効果が高く、いびきを90%抑えることができます。
手術や人工呼吸器を装着する治療とくらべて、身体の負担が少なく、小型のポケットサイズなので旅行にも持って行けます。いびき、無呼吸を簡単に治したいかたにはこの方法をおすすめします。

歯ぎしり治療

歯ぎしり治療

歯ぎしりとは寝ている時や起きている時を問わず、歯をすり合わせたり、噛み締めたり(くいしばり)する咬み合わせの異常習癖です。歯や歯肉、顎の骨に障害を起こすことがありますので、毎日歯ぎしりをする方は注意が必要です。更に、顎関節症の原因にもなります。
また、子どもの歯ぎしりは成長過程において顎の位置決めなどをおこなうために、ごく自然で必要なこととも考えられています。

歯ぎしり予防のマウスピース『ナイトガード』
まずは、歯科医院で咬み合わせや咬合の不均衡を検査し、必要がある場合はそれを正すことが必要です。
その後、夜間就寝中に用いるナイトガードを使用して歯周組織に加わる力を軽減させます。
ナイトガードの噛み合わせの表面は、凹凸を極力少なくした形になっています。
フラットに近い感じで、噛み合う下の歯にある程度合わせています。これは、下の顎がフリーに動ける環境を作ってあげるためです。
もともと歯は、上の歯の窪みに下の歯が入り込む形で噛み合うようになっています。
噛みあわせに問題が生じると、強く当たったり側方運動(横への動き)の際に障害になる部分がでてきます。
すると、顎がスムーズに動けなくなりいろいろな症状を引き起こします。そこで、ナイトガードを入れることで噛み合わせの面が滑らかになり一番楽な位置に顎が収まって休養をとることができるという治療法になります。

スポーツマウスピース

スポーツマウスピース

スポーツにはケガがつきものです。とくに動きの早いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎(がく・あご)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。
マウスガードは口の中の保護装置で、マウスピースとも呼ばれています。スポーツ用マウスピースは外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織のケガを防止するものです。
脳震盪(のうしんとう)の予防にもなります。

歯科医院で作るマウスピースの特徴
歯科医院でつくるマウスガードは完全オーダーメイドです。
精密に型を採り、その型をもとにぴったり合ったマウスガードを製作します。
適性な咬み合わせと食いしばりが、理想的な筋肉の活動を引き出し筋力をアップし運動効率が上がります。脳への刺激もよりよくなり判断力のアップも期待できます。
例えば、野球やゴルフであれば瞬発力がアップすることで飛距離の向上につながるでしょう。
また、衝突などのショックから歯を保護したり、食いしばりなどによる歯の磨耗を防ぐことも、ぴったり合ったマウスガードならではの効果です。

ページトップへ戻る